夏合宿 2日目

こんにちは!
横野です!

ブログ溜めすぎて今あり得ないほど反省しています…。頑張ろう…。

さて、夏合宿二日目ですが、ついに!内藤先生がいらっしゃいました!救世主現る!

前日まで3期生5人で議論を重ねていましたが、やはり前期で後回しにするほど皆で悩み抜いた疑問点を全て解決は出来ず…。

内藤先生に前日までの議論内容を報告し、まだ解決していない疑問点を伝えアドバイスを頂きながら再議論しました。
そのおかげで何とか前期の積み残しはほぼ解消しました。ただ、このままではまた忘れてしまうので、更に理解を深めたい新歴史主義などは後期に回すことに。

そして、ここで2期生の方々もいらっしゃいました!清里セミナーハウスに5人きりで寂しく思っていたので、少し嬉しく思いつつお昼ご飯を食べることに。

その後、後期に行うワークショップについてどのように考察を進めるかを話し合いました。
終わったあとは皆くたくたでしたね…(笑)

img_4790
皆真剣に話し合っています。

そして、お風呂に入ってゆっくりしたあと、合宿係の提中さんと相田くんのアイディアで花火をやることに!(二人とも色々と手続きや準備ありがとうございました。)

dsc_0909
線香花火をしている図。

dsc_0850-1
何で飛んだのかは覚えてませんが、皆楽しくジャンプしています(笑)

そして花火を楽しんだ後は、お楽しみの(?)懇親会!

1つの部屋で皆楽しくお菓子やジュースを飲みながら人狼やインディアンポーカー(知らない方は調べてみてくださいね)をして楽しみました。

img_4809
3期生の男子2人組。女子が多い内藤ゼミでも、負けることなく個性を発揮しています!

次の日も朝からやることがたくさんあるのですが、皆テンションが上がって少しだけ夜更かしをしてしまいました(笑)

そんなこんなで、2日目は無事に終わり。
3日目はいよいよ論文の構想発表。皆どきどきしながら眠りについたのでした…。

夏合宿 1日目

 お久しぶりです。内藤ゼミ3年の前田です。
 来る8月28日(日)はいよいよ合宿当日、というわけで清里セミナーハウスへ行ってきました! 都会の喧騒を離れた静かな山奥にたたずむその場所は、意外ときれいな場所でみんなテンションがあがりました。大学の厚生施設って、意外と力が入っているんですね。

 さて、合宿中にやることはたくさんあります。期末論文のアウトラインの共有・発表や、前期授業の振り返り、今後の見通しを立てるなどを、この合計4日間で消化しなければなりません。
 とはいえ、実は各々のスケジュールの都合上、初日は我々3年生しかいません。よって全体で話し合う内容は後回しにして、まずは前期ゼミ議論の積み残しを消化することにしました。今まで様々な批評理論についての議論を課せられてきたのですが、時間内に終わらなかったものも数知れず……というわけで、それらを完了させることにしました。ただ時の流れとは恐ろしいもので、そもそも何が終わらなかったかを誰も覚えていないという異常事態が発生しました。なんとか思い出そうと各自の資料を掘り返したり、その整理に思いのほか時間がかかったりで、大騒ぎでした。でもそのことがきっかけで、授業資料をアーカイブ化するというアイデアがあがったので、まぁ結果オーライでしょう。その後のリマインド作業には、意外にもブログの記述が役に立ちました。初めてブログの意義を実感できた瞬間でした(笑)ようやく積み残した内容を思い出したのですが、当然それらは難物ばかり。みんなウンウン唸りながらも、ようやく消化し終えました。特に『新歴史主義』に手を焼かされた覚えがありますね。
 そして前期の内容に基づいて、後期の授業内容の計画を行いました。我々3年生はちょうど5人なので、それぞれの興味関心に基づいたトピックを一つずつチョイスして、詳細な内容については次の日に内藤先生の指示をあおぐことにしました。
 これにて合宿初日が終了しました。限られた時間で濃密な内容を話し合えたことによる充実感と、明日以降へのかすかな不安を残して、若人たちの夜は明けていくのでした……。

課外授業:目黒シネマインタビュー

こんにちは!執筆担当の室です。
今回は、夏季休業中に行った課外授業についてのご報告です。

8月26日、目黒シネマを訪問し、支配人の宮久保さんにインタビューを行いました。

今回はインタビュー調査ということで、事前にゼミ生で質問事項を準備しました。
準備では、「人生班」「映画班」の二班に分かれ、それぞれ「宮久保さんご自身について」「目黒シネマについて」という観点から質問を考えました。

目黒シネマでは、上映作品に合わせてロビーで展示を行ったり、スタッフの皆さんでコスプレをするなど、独自の取り組みを多く行っています。
そういったユニークな取り組みに対する考え方や、その発想につながる宮久保さんご自身の考え方などを探りたいという思いから、質問を考えました。

大手のシネコンが多くなり、名画座は少なくなっていますが、目黒シネマは「シネコンとは違う映画館にする」という考えで、様々な取り組みを行っています。
また、目黒シネマの人気の裏には、地道な取り組みがあることもお話しいただきました。

宮久保さんによれば、今まで上映した映画のポスターをすべて保管してあるだけでなく、毎日映画に関する新聞記事を切り取り、保管しているそうです。
こうして、どの作品を上映しても、その作品に関連する展示ができるようにしているとのことでした。
一本一本の映画に対し寄り添っていくような目黒シネマの取り組みが、シネコンにはない魅力につながっているのだと感じました。

また、スタッフの意見を積極的に取り入れているということもお聞きしました。
宮久保さん一人で決めることはせず、アルバイトも含めたスタッフの意見も参考にしているそうです。
「頭は固くなるものだから」とおっしゃる宮久保さんの言葉は、これから論文を書いていく中で、心にとどめておきたいと思いました。

当日は映写室も案内していただき、予告編を実際にフィルム上映していただくという、貴重な体験もさせていただきました。
宮久保さんの朗らかな人柄にも触れることができ、とても楽しい時間になりました。

宮久保さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました!

photo-8-26-16-09-29-10

春学期 第1回特別講義

こんにちは!この度、内藤ゼミナールのブログをこちらに移転いたしました。新設致しました内藤ゼミナールのブログをこれからも宜しくお願いいたします。ブログ移転後、記念すべき1回目の投稿ということで張り切って書かせて頂きます!執筆担当は、提中です。

6月14日、米国フロリダ州立大学近代言語語学部助教授のスティラーマン・アリエル先生にお越しいただき、今年度1回目の特別講義を行って頂きました。

ss03

外国人の先生、そして事前に配布されていたハンドアウトが英語………ということで、ゼミ生はかなり心配して気構えていたのですが、スティラーマン先生は非常に日本語が堪能な方で、心配は杞憂に終わりました(^^;)

スティラーマン先生は、古代の日本のコミュニケーションツールであった和歌について、講義を行って下さいました。今回の講義では丁度梅雨の時期ということで、以下の和歌を取り扱いました。

 

五月雨に 濡れにし袖に いとどしく 露おきそふる 秋のわびしさ

現代語訳:御心のこもったお文をいただきまして、梅雨のころからずっと濡れている袖に、さらに感涙の露を置き加える秋のつらさでございますよ。

 

これは、平安時代中期、後醍醐天皇の更衣であった近江更衣が詠んだ歌です。この歌からは、五月に母を亡くし、秋になっても悲しさから立ち直ることが出来ないという近江更衣の気持ちが伝わって来ます。そして、この歌に対する後醍醐天皇の返しが以下の歌です。

 

おほかたも 秋はわびしき 時なれど 露けかるらむ 袖をしぞ思ふ

現代語訳:一般的にいっても、秋はつらい時期ではあるが、私は、お前の露に濡れているであろう袖のことを特にしみじみと思っているのだよ。

 

この歌からは、後醍醐天皇の、遠くにいて見えなくても悲しい気持ちは分かっているよ、と近江更衣を心配する思いが伝わって来ます。

このように、古代の日本では、和歌をコミュニケーションツールとし、直接的な言葉を使わずに気持ちを伝えあっていたのだということが分かりました。

さて、コミュニケーションツールとしての和歌について一通り学んだ後、スティラーマン先生から課題が…………。それは、現代語で和歌を作ってみよう、というもの。ほとんどのゼミ生は和歌を作った経験などなく、頭を悩まされました。それでも、一生懸命に考えた結果、なかなかの名歌が誕生したように思います。こうして実際に和歌を作ったことで、現代語でも直接的な表現を使わずとも、気持ちを込めることが出来るのだと気が付きました。遠回しな表現でも情景を伝えることが出来るというのは、今も昔も変わらないのですね!和歌づくり、非常に難しかったですが、限られた言葉数の中で、どうやったら自分の気持ちを伝えることが出来るのかを考えるのは、とても楽しかったです。ゼミ生からは、今後機会があれば家族や友達に和歌を作って送ってみたい、との意見もありました(^^)

こうして、スティラーマン先生の特別講義は幕を閉じました。私は、高校の古典の授業では、文法などに捉われ、正直和歌に対して苦手意識を持っていたのですが、今回の講義で、和歌に対するイメージがガラリと変わり、和歌の楽しさを知ることが出来たように思います。

 

スティラーマン先生、素敵な講義をありがとうございました!

ss01