春学期第6回 3年ゼミ

こんにちは、大下です。
5月23日のゼミでは、3限に『批評理論入門』9「声」、10「イメジャリー」について、4限ではミハイル・バフチン『ドストエフスキーの詩学』第一章について議論しました。
3限のレジュメはこちらです。
第6回 「声」「イメジャリ―」

物語における「声」には、大きく分けて、モノローグ的なもの、ポリフォニー的なものの2つに分かれます。モノローグ的小説とは、作者の単一の意識と視点によって統一されている状態のもの、ポリフォニー的小説とは、多様な考えを示す複数の意識や声が互いに衝突する状態のものを指します。これは4限でも取り扱うバフチンの中心概念であり、彼の著書では、ドストエフスキーに特徴的な対話的(ポリフォニー的)テクストとは何かが語られています。
始めは文化批評用語辞典の記述に引っ張られ、モノローグについて「ほとんど存在しないものなのだ」と勘違いしていた私。議論の末、モノローグ的小説は、桃太郎のような、「主人公の一本のストーリーのために、ほかの登場人物は従属している小説」、ポリフォニー的小説は「そこに登場するいかなる人物も立体的に描かれている小説」だという風に理解することができました。つまり、世の中の小説の多くはモノローグ的であり、ポリフォニー的であることは非常に厄介であるということです。
先に4限で話したことを書きますが、バフチンはドストエフスキーの素晴らしさをこのポリフォニー性に見出しています。ポリフォニー的に書くということは、例えば登場人物Aの意見が作者の進ませたい物語の方向と同じだった場合、多くの物語では別の登場人物Bの意見はそれに賛成するか、対立意見だとしてもAの発言を補完するものになってしまいます。Bの発言を完全に対話的に描くのは難しく、そして非常にめんどくさいです。それを1から100までやっていたら、キリがない。そのことが、ポリフォニー化を難しくする原因だと言えます。
たしかにすべてが対話的な物語は、書く方も読む方も非常に疲れますし、それを上手に描き切っているということからは、ドストエフスキーの凄さが分かると思います。モノローグとポリフォニーの違いが理解できた瞬間、頭の中がすっと整理された感じがあり、とてもすっきりしました(笑)

さて、3限の話に戻りまして。イメジャリーとは「イメージを喚起する作用のこと」を指し、今回はメタファー、象徴、アレゴリーについて議論しました。
メタファー(隠喩)とは、「風車の森」といったような表現、象徴とは「鳩は自由の象徴」という表現が有名です。アレゴリーとは、寓意的物語に多く、抽象概念を教訓的に示す表現のことを指します。(「森」を「過ち」と結びつけるなど)
そのほかにも関連事項として、メトニミー(換喩)、シネクドキ―(提喩)についても触れたため、頭の疑問符は増加。身近な内容をそれぞれに分類していきます。

肌など存在そのものが雪に近しい〈白雪姫〉はメタファーで、ある一部分を切り取って比較していることから〈赤ずきんちゃん〉はメトニミーです。ほかにもメトニミーの例として、メガネをかけた人を「メガネ」という愛称で呼ぶことも挙げられます。
上位概念を下位概念に言い換えることを提喩といいます。換喩の表現に上下の概念を足した感じです。うーん難しい。追加内容だったのでさらっと理解したにとどまりましたが、やはり復習が必要なようです。

そして、議論はアレゴリーとはいったい何のことかについてに発展していきます。ヴァルター・ベンヤミンらが唱えた〈アレゴリーはシンボルより優勢である〉という考え方がさっぱりわからず、先生のお力をお借りしながら、ゆっくりと読み解いていきました。アレゴリーは、ある具体的概念(森など)の背景に、神話などの別の背景が読み取れる場合、その神話などの別の背景におけるメッセージが想起されるということで起こります。一方、シンボルというものは、なぜそのものが全く結びつきのない抽象概念を想起させるのか、ほとんどの場合解釈することができません(鳩がなぜ自由と結びつくのかなど)。そのため、アレゴリーは起源が分かっているという点でシンボルよりも優位に立つ存在であるのです。
……以上のことを理解するのに、30分以上はかかりました。その後ポスト構造主義→構築主義→脱構築などの説明をうけて3限は終了。本日も体力をゴリゴリ消費する3時間でした。

大下由佳

春学期第5回 3年ゼミ

大変遅くなりました!なんとかログインすることに成功いたしました……。今回の担当は増尾です。
5/16に行われた第5回では
3限は廣野由美子著『批評理論入門-「フランケンシュタイン」解剖講義-』(中公新書)「性格描写」「アイロニー」
4限ではウラジーミル・プロップ『昔話の形態学』を用いての講義となりました。
まず3限は増尾が担当。
「性格」というものには正確性があまりみられないということ、その時の状況や誰といるかということによって変化していくものであり、いかなる場合でも同じではないこと、語り手の欲望が如実に反映されており欲望と登場人物の性格というのは対応していく
 などということを理解しました。
「アイロニー」皮肉。
言葉のアイロニー:言葉の表面的な意味とは違う意味を読み取らせる。読者の解釈を通じて初めて認識。
状況のアイロニー:意図・予想と実際に起きている事の間に相違があること。
劇的アイロニー:状況事実と登場人物の認識の不一致に読者が気づいていること
アイロニーにはこの三つがあり、これらが使われることによって受け手に面白さを感じさせる。
『フランケンシュタイン』の書かれた当時は、人=神のつくったものでした。
では、つくられたもの=人ならば怪物は一体何なのだろうか という大きなアイロニーを含んでいるということでした。
また、アイロニーの応用として、お笑い芸人アンジャッシュのコントをあげ、実際にコントをみながら巧妙に使われるアイロニーを楽しみました。
4限は大下が担当。
物語の31の機能を簡潔にまとめた有難いレジュメとともに解説してくれました……!!今後使います!
魔法昔話には共通する機能(=登場人物の行為であり、話の展開上意義のある行為)が31個ある。機能の継起順序は同一であるが、あらゆる物語にすべての機能が備えられている訳では無い。
という前置きのあと、31の機能を詳しくみていきました。
なぜ、「魔法昔話」に限られているのか、機能31「結婚」などからみられるように主人公は男でなければいけないのか、これではない成長のプロセスはないのか
などといった疑問に取り組みました。
小説・演劇だけではなくアイロニーが使われていた面白さ、アンジャッシュのアイロニーの使い方のうまさに感動しました!!
アイロニーだぁ……と思いながら見るお笑いが面白いかというのは疑問ですが笑
また、物語を分析していく上で大切な31の機能。
映画のワークショップでも取り扱いました。
しっかりと自分のものにできるように理解を深めなければ……と思いました。
増尾