8期生第10回:読書とはテクストと読者の“ガチンコバトル”である。(齋藤)

えー、いま私は土下座をしています。え、見えないって? そうですよね、文字で書いてあるだけではわかりませんよね。

とにかく、私はいま土下座をしています。なんでかって、このブログが第10回のものだからです。ちなみに、第9回のゼミは6月23日、第11回は7月7日にありました。これが意味するところが何か、もうおわかりでしょう……。

ということで、私は土下座をし続けています。ついでに言うと、授業内容をなかなか思い出せなくて白目を剥いています。え、見えない? それはもう……心の目で見てください……。それが今回学習した「読者反応批評」というものです(※全然違う)。

あ、名前を申し上げ忘れていました。齋藤です。ブログ担当は2回目になります(雑)。

では、さっそく授業のおさらいに参りましょう!

ジャンル批評

「ジャンル」と言われるものは以下の2種類があり、今回は②をジャンルとして学びました。

①形式上のカテゴリーに基づくもの(小説/詩 など)

②テーマや背景など、内容上のカテゴリに基づくもの

トドロフ(ロラン・バルトの弟子)によると、「ジャンルとは、つねに他の隣接ジャンルとの差異によって定義されるものである」といいます。

ジャンル批評は、ゼミで題材にしている『フランケンシュタイン』でもできます。以下の通り。

1.ロマン主義文学

 自我や個人の体験、無限なるものや超自然的なものを重視する文学。啓蒙主義への反動として現れました。

 ロマン主義    ←→    写実主義

  超自然的           科学的

 個人を凌駕           個人

 <『フランケンシュタイン』におけるロマン主義的な要素>

 ・「老水夫行」や「ティンターン寺院」などロマン主義の発端ともいわれるような作品を引用

 ・題材やテーマそのものが恐怖や無限なるものの、超自然的なものと密接に関わる

 ・「若きウェルテルの悩み」を怪物が読んで主人公の苦悩に共感する日々。

2.ゴシック小説

 ロマン主義文学の中に位置づけられる小説。中世の異国を舞台に、超自然的な現象や陰惨な出来事が展開される恐怖小説を指します。

 <『フランケンシュタイン』におけるゴシック小説的な要素>

 ・作者の父ゴドウィンからの間テクスト性

 ・少年フランケンシュタインが中世の錬金術に魅せられること、スイスやドイツなど異国が舞台となっていること

 しかし、当時のゴシック小説の権威・オースティンは、『フランケンシュタイン』をゴシック小説として認めたものの、嫌悪感を示したといいます。理由は以下の通り。

・ゴシック小説には真実味に欠けた内容を仰々しく語るという特色がある。一方『フランケンシュタイン』はリアリスティックな描写における飾り気のない文体。

・伝統的なゴシック小説では超自然的要素が侵されないが、『フランケンシュタイン』では主人公が科学によって自然の神秘に乱入する。

3.リアリズム小説

 これは近代につれてできたジャンルです。人生を客観的に描写し、ものごとをあるがままの姿で捉えようとする芸術上の信条のこと。非現実的な描写や美化を避け、人生における日常的・即物的側面を写実的に描く、ロマン主義とは逆方向の文学となります。

 <『フランケンシュタイン』におけリアリズム小説的な要素>

 ・怪物が険しい山を楽に登る、超人的な速度で歩くなどの要素で、出来事に蓋然性を持たせる

 ・人造人間を造るという非現実的出来事に驚異的進歩を遂げた科学的発見がそれを可能にしたという設定を加えることで、リアリティを帯びさせる

 ・フランケンシュタインと家族との関係

④サイエンス・フィクション

 いわゆる「SF」です。空想上の科学技術に基づく物語のこと。また、サイエンス・フィクションには認知的・化学的なものの見方が不可欠とされています。『フランケンシュタイン』は最初の本格的なサイエンス・フィクションと言えるでしょう。

読者反応批評

次に、読者反応批評。教材に使ったのは、ヴォルフガング・イーザー『行為としての読書』です。

みんなで血反吐を吐く思いで読み解きました(死)。

・読者反応批評とは……

読者によって作品に対する反応の仕方が異なることに着目した批評方法。これは、読者がテクストに活発に関わる存在であることを前提としています。

伝達(読書)はテクスト構造と理解という行為の相互作用によって成り立ちます。

そして、理解という行為はテクストが完全にコントロールしているのではありません。「理解させるテクスト」と「理解する読者」、双方によって理解が成り立つということですね。

理解は作者と読者が想像力の“ゲーム”を分かち合うことです。つまり、読者はテクストをただ鵜呑みにしているのではなく、想像力を働かせて読んでいるということですね。

ここで、テクストがすべてを明らかにしすぎたりしなさすぎたりすると、読者は“ゲーム”から落ちてしまいます。しかしこれは、「読者の教養がないとテクストを読み解くことができない」という意味ではありません。

<視点の移動>

例えば紙の本は、ページを捲らないと読み終えることができません。テクストには、物理的にその全体を目で一度に把握することができないという特徴があるのです。

必然的に、読者は視点を移動させながら(ページをめくりながら)読み進めます。そのため見えない部分が出てくるという意味で、テクストは理解において超越性を持ちます。読者は見える範囲までしか捉えることができませんが、テクストの美的対象(=テクストを読んだときに立ち表れるイメージ)は総体を捉えます。

<読解の過程>

読者はテクストを単語(「あ」「い」)ではなく、ある程度、意味の塊として把握します。テクストが虚構(=物語!)である場合、読者の関心は文の相関体(=関わり合う文の前後の文脈)に置かれるため、その塊と知覚対象は同一視できません。……うーん、難しい。

例を挙げると、テクストに「眠る」と書かれていても、読者がすべて経験則の対象、つまり「睡眠」と理解するとは限らないということです。

虚構テクストでは、相関体が相互に入り組み、読者の領域で意味が満たされます。

同じ相関体において、個々の文が示す意味方向は、常に予覚(=次へ来る内容への予測)を含んでいます。個々の相関体は、その都度生み出す予覚を絶え間なく変化させ、読者に追いつかれまいとするのです。

このとき、読者がいる位置(ページのめくり具合など)は予覚(=次へ来る内容への予測)と保有(=過去のイメージ)の頂点になります。しかし、それはすぐに次の相関体の背景に回ってしまい、修正されることに。文の相関体はどこかが欠落しており、それに対して予覚がまた生み出されます。

つまり、文脈はどれも次にくる内容への予測を補足しており、同時に新しい内容の予測を生み出すことになります。

また、読者はテクストを読むときに視点を調節し、遠近法のレベルで見ていきます。

遠近法は絵を描くときに中心点をつけ、それにそって遠くの光景は小さく、手前は大きく見せるあれですね。中心点がずれると同じ線ではなくなってしまいます。視点が移動する中で、線が道のように立体になるのです。

まとめます(雑)。

読書過程において、読者の領域で期待は常に修正を加えられ、記憶は新たな変化を起こし、相互に作用しあいます。つまり、読書は予覚と保有との弁証法なのです。

(※弁証法=一つの物事を対立した二つの規定の統一としてとらえる方法)

『行為としての読書』では他にも難しい用語がたくさんでてきたのですが(死)、積み残しとなりました(死)。

ちなみに私はまだ土下座をし続けています。みなさんは積極的にテクストに関わる存在なので、反省している私の姿が見えますよね? ……はい、すみませんでした。

8期生ブログ第3回『要約法ってやつが便利すぎるのではないだろうか』

大遅刻、申し訳ありません……。半月猶予があると思っていたら1週間おかわりしていました。なぜ……。

というわけで、昨年に引き続き内藤ゼミにお世話になります佐藤杏海と申します。 普段はゲームと学校と創作に生活の全てを捧げて生きています。最近はもっぱらTRPGにお熱です。

このゼミのブログだし、少しだけ趣味の話をしようかと思います。 これを書いている6月1日からさかのぼること1週間前、TRPGシナリオの『VOID』というシナリオに参加してきました。TRPGについては過去の私の記事を読むかググってください。

この当時の私は大正時代を舞台にしたシナリオに狂っていましたが、現在の私は近未来、アンドロイドが人々の生活に普通にある世界を舞台にシナリオに狂っています。総計20時間にも及ぶ長丁場のゲームに参加し、その物語の世界に浸ってきました。ゲームが終わってもそのキャラクター達のことを考えてしまって大変ですが、そろそろ現実に帰ってくる時間ですね。話を授業に戻しましょう。

1.前座を筆頭にしたetc

実はこの授業、GW明け一回目でした。みなさんGWを満喫したようで、特にダイビングはとても羨ましいですね……綺麗な海は数年見ていないので、旅行に行きたくなりました。

加えて私のメモには「クリスマスの話」とあるのですが、これは一体……。やはり記憶が新鮮なうちに書くべきですね……。

前置きはこれくらいにして、前座の紹介に入りましょう。

本日の前座は関口さんおすすめの「スパイダーマン:スパイダーバース」です。スパイダーマンが死んだ世界で、スパイダーマンの跡を継ぐように言われた主人公・マイルズがパラレルワールドから来た先輩スパイダーマンたちを師として成長する物語だそうです。人生においてそれなりに大きな岐路にいる私たちにこそ見てほしい、とのことで今度調べておこうと思います……!

2.2限「提示と叙述」

サブゼミの今回のテーマは「提示と叙述」です。

・提示:登場人物の会話がそのまま記録されているシーンなど、語り手が介入しないシーン

・叙述:語り手が前面に出てきて読者に解説するシーン

小説はこの2つがバランス良く組み合わされることで成り立つものである、とされています。

小説では常に時間の要素があります。

アナクロニー(時間錯誤)と呼ばれる状況が、実際の時間軸と語りの順番が異なる状況です。これは、後説法(フラッシュバック)と先説法(フラッシュフォワード)に分けられます。先説法でわかりやすい例が伏線です。

さらに小説の時間を示すものとして「時間標識」があります。これはテクスト内でより具体的な時間(○○年など)を表す表現を指します。

物語の語りには速度もあります。

この場合の速度とは割かれているページ数のことで、省略法・要約法・情景法・休止法にわけられます。

省略法はさらに限定的省略法と非限定的省略法に分類されます。この二つは省略された時間が具体的にどれくらいかわかるか否かで判断できます。

省略法よりもう少し間の状況がわかる語りが要約法で、すべての状況が描かれているのが情景法です。休止法は物語の流れが一度止まり、語り手が登場人物たちは見ていない景色の説明をする(話は進んでいない)状態を指します。

これらを踏まえて『浦島太郎』の物語を再構築しました。

ここでなぜか脳内イメージが映画になるゼミ生一同……。後説法や先説法は映像媒体の方がイメージが湧きやすかったのかもしれません。

浦島太郎の軌跡…………

3.4限「不等時法」

ゼミの本編とも言える4限がやってまいりました。

今回の要約としては「物語の語りは不等時法(律動効果)を抜きにしては成立しえない」です。

この律動効果とは、物語の語りの速度(ページ数)が物語の内容で進行する時間に対して増えたり減ったりすることで生まれる波のことです。

小説の語りはこれ抜きには語れない、という主張がプルーストの「失われた時を求めて」を通して語られています。

物語内容を材料、語り方を調理方法としてできあがった料理が小説ということですね。

4限の内容は駆け足気味になってしまいましたが、以上が5月12日のゼミの内容です。

こうしてみるとこのブログはかなり要約法を用いて書かれていることになりますね……。今回のゼミは夏休みへの積み残しもなく終わることができました!では、また次の機会に!

3年 佐藤杏海

8期生ブログ第2回「焦点補完計画」

時に 西暦2022年

我々の失われたモノ

すなわち、焦点の補完は続いていた

だがその全てを記すには、あまりにも時間が足りない

よって今は、上西という青年

彼の解釈する焦点について語ることにする

焦点化・・・誰の知覚(心理、思考なども含む)から物語が描かれているのか(語り手と焦点人物は必ずしも一致するわけではないことに注意)

焦点化は焦点人物がどこに位置しているのかによって大きく三つに分類できる

1.内的焦点化・・・焦点人物が物語世界の中に位置している場合

「水平線に沈みゆく太陽がふと目にとまった。そのとき、私の心の隅にある何かが溶けた。」

2.外的焦点化・・・焦点人物が物語世界の外に位置している場合で、ある人物の外面しか描かれない(ある人物の内面を焦点人物が推測する形で描かれる場合はある)

「彼女は急に席を立ち、彼を睨みつけると、何も言わず店を出て行ってしまった。」

3.非焦点化(神の視点)・・・語りが物語世界の外で行われているにもかかわらず、登場人物の内面を描くことがある場合。(外的焦点化の特性も、内的焦点化の特性も持っている)

「彼は黄色い線の外側に力なく立っている。次の電車が来るまでにカラスが鳴いたら…そのときはこの身を投げて、全てを終わらせよう。そんなことを考えている彼など気にもとめずに、カラスは力一杯声を上げた。自らの孤独に耐えかねて。」

内的焦点化はさらに三つのタイプに分類できる

1.内的固定焦点化・・・焦点人物がある一人の人物に固定されている場合

2.内的不定焦点化・・・焦点人物が変化していく場合

3.内的多元焦点化・・・ある一つの出来事が複数の焦点人物によって語られる場合(不定内的焦点化の上で、特に特定の事象、人物などが描かれる場合)

注意

・物語言説は必ずしも、終始一貫して同じ焦点化を選択し続けるわけではない(上記焦点化の公式は、必ずしも作品の全体に関わるものではなく、むしろ、一つの限定された物語の切片にのみ関わるものである)

・外的焦点化と内的焦点化を区別することが困難な場合がある

「私は終電間際の駅の階段で、一人うずくまって泣いている若い女を見つけた。」

この場合私からは内的焦点化だが、若い女からは外的焦点化である

・内的不定焦点化と非焦点化もまた区別が困難な場合がある。(非焦点化の物語言説は恣意的な内的多元焦点化の物語言説として分析しうる)

「彼は黄色い線の外側に力なく立っている。次の電車が来るまでにカラスが鳴いたら・・・そのときはこの身を投げて、全てを終わらせよう。そんなことを考えている彼など気にもとめずに、カラスは力一杯声を上げた。自らの孤独に耐えかねて。」

この場合「彼の死」というテーマを、彼の内的焦点とカラスの内的焦点を通して語っている

未解決概念「ともにある視像」

見知らぬ、音声

「ともにある視像の場合、作中人物が眺められるのは、その作中人物の自身の内部においてではない。作中人物は、彼が他者について作りあげるイメージにおいて眺められるのであり、言わばそのイメージの中で透視されるわけである。」

じゃあ、僕は僕じゃないの?僕以外の誰かが僕なの?わかんないよ!

そうじゃないわ。地面がなくては歩けないように、自分以外の何かがないとあなたは何も知覚できないのよ。何も知覚することのできないあなたに、あなた自身を知覚することはもはや不可能だわ。

そうか!何か、誰かを知覚する僕、そしてそれに反応する僕が僕を形作っているんだ!それが「ともにある視像」、つまり何かとともにある視像、それが僕なんだ!…でも僕以外のもの、人に対する僕のイメージが僕なら、僕の僕自身に対するイメージは僕じゃないっていうの?わかんないよ!ミサトさん!

いいえ、あなたのあなた自身に対するイメージ、それもあなただわ。でもあなた自身のイメージそのものは他者がいなくては生まれなかったことも確か。自分の顔を正確な意味で自分自身では決してみれないように、自分以外の誰か、何かという鏡を通してあなたはあなた自身をイメージできるようになったの。

そうか!僕の中にある僕以外の誰か、何か、そしてそこから形作られた僕のイメージ、それが僕なんだね!でも僕の中のミサトさんが僕なら、ミサトさんの中の僕は僕じゃないの?わかんないよ!ねえ!わかんないよミサトさん!

…それはあなたの中のあなたではないわ。でもそうね…強いていうなら私の中のあなたは、世界の中のあなた。世界の中では、あなたの中のあなたはもちろん、私の中のあなたもあなたなのよ。そしてあなたの中の私も私だわ。

そう…そしてその世界を焦点人物ひとりひとりに置き換えることで、お前の中の私を私自身にし、私の中のお前をお前自身にする。それが焦点補完計画。そうして無限ともいえる世界中一人一人の関係性の輪廻を自己に統合することで、私は神の視点を手に入れる。いやもはや神に等しい存在となるのだ。

こうして焦点補完計画は遂行され、ゲンドウはユイと彼岸の再会を果たす。今までの物語世界の中ではない、別のどこかで…

                                            終劇

8期生ブログ第1回『このグダ文が文学と崇められる日が来るかもしれない』

はじめましての人ははじめまして。お久しぶりの人はお久しぶりです。……いいカンジに一緒くたにしてくれる挨拶があればいいのに。

というわけで、8期生初回のブログを担当する齋藤穂花です! 内藤先生ゼミには去年からお世話になっているので、自称覚悟して来てる人です(笑)。ちなみに、今季の抱負は一念発起して申し込んだシナリオスクール……に10万エン勝手に振りこんだことを親愛なる両親に隠し通すこと(白目)。あ、ちゃんと自分のお小遣いですよ。ここに記すことで、色々な面での尻たたきにさせてもらいます。

前座:大元さん

大元さんは、井上堅二原作・吉岡公威作画の漫画『ぐらんぶる』を紹介してくれました。大学生の主人公が居候をするダイビングショップのくだらない日常が描かれた作品で、大元さんがダイビングにハマったきっかけなのだとか。大元さんのお気に入りエピソードは、主人公が出会いを求めて文化祭にメイド姿で潜入する回。漫画・アニメ共におススメらしいので、私も疲れたときに読んで大爆笑したいと思います~。

ちなみに、大元さんはこの紹介を3分きっかりで話してくれました! 私はついつい推し作品をうん十分も語り倒しがちになってしまうので、見習いたいと思います……!

2限サブゼミ:ストーリーとプロットについて

嘘です。タイトル(?)詐欺です。正確には2限で扱ったものは、ストーリーとプロット、そしてサスペンス効果について! アツく、アツ~~く議論を交わしました。

まず、ストーリーとプロットについて。両方とも物語の内容を表しますが、ストーリーは時系列、プロットは因果律という違いがあります。例えばミステリーだと、

 ストーリー:事件→発見→依頼→調査→解決

 プロット:依頼→調査→解決→事件

という感じ。……まあ、ここまでは比較的理解が早かったんです。ところが、こっからが問題でした本当に。サスペンス、もといサスペンス効果は、物語の結末の因果を先送りにすることで生まれるハラハラドキドキなのですが、そこでサスペンス? ミステリー? サスペンス効果? となり大混乱。

議論の末、一般に使われる「ジャンルとしてのサスペンス」と「サスペンス効果」は同じではないんだーッ! ってことに気づきました。

最終的に、

 ミステリー:不可解な出来事が起きた物語。ホラーやジャンルとしてのサスペンス(※)もミステリーに入る。ストーリー手法で語られることもプロット手法で語られることもある。

 サスペンス:元々語りの手法としての「サスペンス効果」として使われていた。因果関係を先延ばしにする手法。たとえ不可解な出来事でなくても不可解な出来事に見せることにできる。(※最近では一般的に、犯人がわかった状態で因果関係を先延ばしにするジャンルとして使われることが多い。)

だと分かりました。スッキリ解決!

4限ゼミ:文学とはなんぞや?

4限では、テリー・イーグルトン著の『文学とは何か』を扱いました。問いとなるのは題名そのまま、「文学とは何か」です。

結論から言うと、その基準は社会に生きる人間の価値判断に委ねられます。元々、形式を重んじるフォルマリストは、文学か否かは<文学的な表現⇔日常言語>の乖離(「異化」と言われる)の程度によって決まるとしていました。

しかし! イーグルトンはこの著書の中でそれを痛烈に論破しています。

 1.フォルマリストは詩に着目していたが、文学は詩だけではない。

 2.時代によって日常言語は変わり、また逸脱した言葉は文学以外にもある。

この2つが主な理由です。

ではどうやって定義するのか? イーグルトンは、文学を定義してしまうこと自体に問題があると主張しています。それは、もし文学が何たるかを客観的に決めようとしても、その「客観」を支える価値観は一人ひとりのイデオロギーと関わっているから。つまり、「これは文学だ、これは文学じゃない」と決める客観的評価は存在せず、不変の「文学」も存在しないというのです。「往年の名作」といわれる素晴らしき本たちも、時代によって変化し、作品によって解釈され・書き直され続けることでしょう。

ところで、イデオロギーって何だかわかりますか? 「感情・価値付与・認識・信念の諸様式が、社会権力の維持と再生に何らかのかたちで関係を持ったもの」だそうですよ。難しいですね。特に授業では「イデオロギーと感情が結びつくのはなぜ?」という疑問が出ました。ますます難しい。

これについて、発表者の佐藤さんがめちゃくちゃ分かりやすく解説してくれました。感謝! イデオロギーは政治的なものにとどまらず、私達の比較的身近にある問題にも及ぶそうです。例えば、「同性愛なんて認めないわ」という信念を持つ人が、同性同士で付き合っている人を見ると「あらヤダわ」と感じるかもしれません。辛い。それが、イデオロギーと感情が結びつくということです。愛に性別は関係ないと考える筆者がブログに「辛い。」と記すのも同じことだと思います。

そして、4限で私たち純粋無知な学生を苦悶に陥れた存在がもう一つ。文中に出てきた<記号表現(シニフィアン)><記号内容(シニフィエ)>についてです。どちらもソシュール言語学の用語で、その根底にはソシュールの「あらかじめ世界に存在する個別の事物が言葉を作っているのではなく、言葉によって世界が区切られている」という考え方があります。例えば、虹の色を「七色!」と答える国の人もいれば「二色!」と答える国の人もいる(明るい色・暗い色の区切りだと聞いたことがあります)ことが、その表れですね。

ここでようやく本題。例えば犬という例で考えるとき、

 記号表現(シニフィアン):「イヌ」という言葉

 記号内容(シニフィエ):「イヌ」と意味されるもの・考えられているもの

ということになります。ここで、シニフィエが生きている犬そのものを表すわけではない、というのがポイントです。本書では「象徴主義文学の神秘主義まがいの理論」という記述がありますが、それは記号内容(シニフィエ)が過多になる状態でした。つまり1つの文章に対して10個くらいの意味を連想することですね。深読みしすぎるオタクの考察長文みたいなものでしょうか(※あくまで私個人のイメージです)。その一方で、ロシアのフォルマリストは「文学は物質的事実そのものだ」と主張しました。

そんなこんなで4限をヒーヒー言いながら終えました。今回は初回ということもあり、内藤先生にところどころアドバイスをいただきながら進めましたが、次回からはそんなわけにもいかない気がします。頑張りましょう……!

ところで、今回の発表は2限・4限共に佐藤さんだったのですが、作ってきてくれたパワポがまあ分かりやすいのなんの! なんと作成に10時間も所要したそうです。おお神よ、お恵み感謝いたします……本当に助かりました。次回からはwordでの発表でもよいとのことですが、またいずれPowerPointを駆使する猛者が現れるんじゃないかと震えています。え、言い出しっぺの法則? そんなものは知りません。

お知らせ

最後にお知らせです。秋学期にワークショップの開催が決定しました! やった~~! 横田先生のゼミとコラボさせていただきます。コミュ障人見知り陰キャという三大爆弾を抱えている私、齋藤が渉外を担当します。嘘でしょ……。

長くなってしまったので、文字数が3000字を越えないうちに終わらせたいと思います。こんなグダグダでいいのか……? けれど、当ブログの題名を思い出してみてください。こんなグダ文がいつか文学だと言われる日が来るかもしれません(来ない)。とにかく、ヤバかったら次のブログ担当の人が軌道修正してくれるでしょう、たぶん! それでは、読んでいただきありがとうございました! またどこかで!