2年ゼミ第5回「体は布で出来ている。」

こんにちは、第5回のブログを担当させていただく白井翔大です。

アップロードが遅くなり申し訳ございません。第5回の授業を行ったのは5月17日、自分がこのブログを書き始めるのが遅かったこともあり、もうすぐ6月です。1年あっという間ですね。

授業内容

1.前座:市川快さん

2.今後の予定の確認

3.ゼミ活動振興費の使い道について

4.リアクションペーパーに対する応答

5.レポートの構想発表:烏田琴子さん・斎藤陽香さん

6.批評理論の学習3:ロラン・バルト「作者の死」

1.前座:市川快さん

前座トークを担当してくださったのは市川さんでした。市川さんが語ってくれたのは、君島大空です。3分で多くの魅力を語ってくれました。語り足らなそうな部分からも市川さんの君島大空への愛が見えました。君島大空は音楽家なのですが、シュールレアリスムの影響を受けているようです。なんとシュールレアリスムは今回のロラン・バルト「作者の死」とも関係があります。前座と授業を結びつけてくるとは驚きました。君島大空は中性的な声で歌います。なぜ中性的な声で歌うのか、それは性の匂いを消すためであるようです。そのような声で歌われる歌は耳にスーッと入ってくるようにとても心地のよいものです。

2.今後の予定の確認

6月7日(火)は休講です。

代わりに7月2日(土)が補講となります。

3.ゼミ活動振興費の使い道について

春学期で1人2,500円まで、ゼミの内容に関する美術展・映画の入場料、書籍購入代金として使うことができます。

注意事項 

・2022年7月末日まで(春学期分)

・領収書(領収書がないと、返金できません)

4.リアクションペーパーに対する応答

第3回課題「レポートサンプルの評価」について多く触れました。皆さんのリアクションペーパーを確認したところ、入学したての1年の頃に比べてレポートの質が上がっていることを実感できたようです。一方で、改善点も見つかったようです。普段することのない「レポートサンプル評価」を通して新たな発見があり、とても良かったと思います。

5.レポートの構想発表:烏田琴子さん・斎藤陽香さん

烏田さんは坂本祐二が脚本担当したドラマ、坂本祐二という脚本家に興味があるようです。そんな烏田さんが選んだ論点は「坂本祐二作品の名台詞の必須条件とは?」です。今回最初のレポート構想発表だったのですが、いきなり素晴らしい論点をあげてきました。正直、ビビっています。「夢は必ず叶うわけじゃないし諦めなければ叶うわけじゃない。だけど夢見て損することになったぁって1つもなかったんじゃないかと思います」このセリフ好きです。仮説としては言葉の定義を考えていくようです。今後どのようなレポートになっていくのか楽しみです。

今回斎藤さんも発表予定でしたが、今回ではなく次回以降となりました。

6.批評理論の学習3:ロラン・バルト「作者の死」

最初に要点をお借りすると

それまでの考え方(近代)       バルトの考え方

作者                 仲介者

文学                 エクリチュール

作品                 テクスト

✖                  読者

授業では「作者の死」についてグループで話し合いをしたのですが、難しいため意見がまとまりにくかったです。しかし、それぞれのグループの意見を出し合うことで何となく言いたいことが掴めてきました。

まず、作者についてです。ロラン・バルトは、「作者」を近代に成立した概念だと考えます。近代では「個人」という概念が成立したこともあり、作品を生み出す個人として「作者」が成立します。このとき、物語の創造主として「作者=神」が成り立つと考えられました。しかし、これでは「作者」の意図が創作物に結びついてしまいます。このような考え方を捉え直すべく、ロラン・バルトは「エクリチュール」という概念を登場させます。エクリチュールはフランス語で「書くこと」や「書かれたもの」を意味します。エクリチュールは作者に紐づけられるものではありません。つまり、あるエクリチュールが生み出されたとしても、「起源」を特定できません。近代では「作者=神」という考え方のもと、作者が作品に時間的に先行します。一方で、エクリチュールは生み出す書き手と同時に存在します。そして、このエクリチュールという概念を用いるとき、「テクスト」が成り立ちます。テクストとは過去や同時代、さらに未来を含んだ他のテクストからの影響を受けた引用の織物です。近代では作者が創作した「作品」でしたが、ロラン・バルトがエクリチュールを用いたことで「テクスト」という概念ができました。テクストはあらゆるエクリチュールが集まったものです。あらゆるエクリチュールが集まるということは、それだけ複雑でもあります。そのようなエクリチュールが集まる場所、それが「読者」です。作者が死を迎えたとき、つまり作品と作者が切り離されたとき読者が誕生します。「作者」は絶対的な存在ではなく、「読者」がテクストを読み解く存在として重要な役割を任されています。

ちなみにシュールレアリストたちもロラン・バルトのように作者の意図から逃れようとしたようです。市川さんはあっぱれです。

少し話を変えます。アニメ映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』をみたことがありますか?長くなってしまうので今回はあらすじを割愛させていただきます。

物語の中で「ヒビオル」というキーワードが登場します。ヒビオルとは「イオルフ」とよばれる10代半ばの若い姿のまま数百年を生きる不老長寿の一族が織るのことです。イオルフにとってヒビオルは、記録の役割も担っています。織り手は自分の思いや日々の出来事などをヒビオルに織り込んでいきます。それを読むことができるのはイオルフの一族のみです。このことから、ヒビオルをイオルフだけが読める日記と考える人もいますが、様々な解釈がなされています。

物語の中でイオルフである主人公マキアが盗賊に襲われ家族を失った赤ん坊エリアルを育てるのですが、なんとマキアはエリアルのことを「私のヒビオル」とよびます。ヒビオルは布であるはずです。しかし、マキアは人間に対してヒビオルという言葉を使ったのです。映画をみた当時このマキアの発言は謎ではありましたが、エリアルに愛情を注ぐということだと解釈していました。しかし、今回のテクストという概念を知ることで答えが出たような気がします。まず先生も仰っていたのですが、人もテクスト(織物)であるということです。あらゆる影響、エクリチュールを受けて、1人の人間は成り立ちます。このことからエリアル=ヒビオルとしてもよいのですが、ヒビオルがただの布ではないことも重要なのではないかと思います。ヒビオルはイオルフ自身の思いや日々の出来事が織り込まれている布です。つまり、マキアは自分の思いや日々の出来事(エリアルとの生活)をエリアルに織り込むのです。マキアは記録としてだけではなく母親としての思いを込めてエリアルを編むように育て上げていきます。これらのことから、やっぱり人間の体は布でできているのかなと思うと同時に愛情を注いでいることも間違いではないなと思いました。テクストであるため、あらゆる思いが編まれていると考えてもいいのかもしれません。自分で納得してしまっただけでマキアの「ヒビオル」は違うのかもしれませんが。

ただ、少しでも『さよならの朝に約束の花をかざろう』に興味が湧いたのならば是非ご覧ください。

以上が第5回の内容となります。

ここまでご覧頂きありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中