8期生ブログ第1回『このグダ文が文学と崇められる日が来るかもしれない』

はじめましての人ははじめまして。お久しぶりの人はお久しぶりです。……いいカンジに一緒くたにしてくれる挨拶があればいいのに。

というわけで、8期生初回のブログを担当する齋藤穂花です! 内藤先生ゼミには去年からお世話になっているので、自称覚悟して来てる人です(笑)。ちなみに、今季の抱負は一念発起して申し込んだシナリオスクール……に10万エン勝手に振りこんだことを親愛なる両親に隠し通すこと(白目)。あ、ちゃんと自分のお小遣いですよ。ここに記すことで、色々な面での尻たたきにさせてもらいます。

前座:大元さん

大元さんは、井上堅二原作・吉岡公威作画の漫画『ぐらんぶる』を紹介してくれました。大学生の主人公が居候をするダイビングショップのくだらない日常が描かれた作品で、大元さんがダイビングにハマったきっかけなのだとか。大元さんのお気に入りエピソードは、主人公が出会いを求めて文化祭にメイド姿で潜入する回。漫画・アニメ共におススメらしいので、私も疲れたときに読んで大爆笑したいと思います~。

ちなみに、大元さんはこの紹介を3分きっかりで話してくれました! 私はついつい推し作品をうん十分も語り倒しがちになってしまうので、見習いたいと思います……!

2限サブゼミ:ストーリーとプロットについて

嘘です。タイトル(?)詐欺です。正確には2限で扱ったものは、ストーリーとプロット、そしてサスペンス効果について! アツく、アツ~~く議論を交わしました。

まず、ストーリーとプロットについて。両方とも物語の内容を表しますが、ストーリーは時系列、プロットは因果律という違いがあります。例えばミステリーだと、

 ストーリー:事件→発見→依頼→調査→解決

 プロット:依頼→調査→解決→事件

という感じ。……まあ、ここまでは比較的理解が早かったんです。ところが、こっからが問題でした本当に。サスペンス、もといサスペンス効果は、物語の結末の因果を先送りにすることで生まれるハラハラドキドキなのですが、そこでサスペンス? ミステリー? サスペンス効果? となり大混乱。

議論の末、一般に使われる「ジャンルとしてのサスペンス」と「サスペンス効果」は同じではないんだーッ! ってことに気づきました。

最終的に、

 ミステリー:不可解な出来事が起きた物語。ホラーやジャンルとしてのサスペンス(※)もミステリーに入る。ストーリー手法で語られることもプロット手法で語られることもある。

 サスペンス:元々語りの手法としての「サスペンス効果」として使われていた。因果関係を先延ばしにする手法。たとえ不可解な出来事でなくても不可解な出来事に見せることにできる。(※最近では一般的に、犯人がわかった状態で因果関係を先延ばしにするジャンルとして使われることが多い。)

だと分かりました。スッキリ解決!

4限ゼミ:文学とはなんぞや?

4限では、テリー・イーグルトン著の『文学とは何か』を扱いました。問いとなるのは題名そのまま、「文学とは何か」です。

結論から言うと、その基準は社会に生きる人間の価値判断に委ねられます。元々、形式を重んじるフォルマリストは、文学か否かは<文学的な表現⇔日常言語>の乖離(「異化」と言われる)の程度によって決まるとしていました。

しかし! イーグルトンはこの著書の中でそれを痛烈に論破しています。

 1.フォルマリストは詩に着目していたが、文学は詩だけではない。

 2.時代によって日常言語は変わり、また逸脱した言葉は文学以外にもある。

この2つが主な理由です。

ではどうやって定義するのか? イーグルトンは、文学を定義してしまうこと自体に問題があると主張しています。それは、もし文学が何たるかを客観的に決めようとしても、その「客観」を支える価値観は一人ひとりのイデオロギーと関わっているから。つまり、「これは文学だ、これは文学じゃない」と決める客観的評価は存在せず、不変の「文学」も存在しないというのです。「往年の名作」といわれる素晴らしき本たちも、時代によって変化し、作品によって解釈され・書き直され続けることでしょう。

ところで、イデオロギーって何だかわかりますか? 「感情・価値付与・認識・信念の諸様式が、社会権力の維持と再生に何らかのかたちで関係を持ったもの」だそうですよ。難しいですね。特に授業では「イデオロギーと感情が結びつくのはなぜ?」という疑問が出ました。ますます難しい。

これについて、発表者の佐藤さんがめちゃくちゃ分かりやすく解説してくれました。感謝! イデオロギーは政治的なものにとどまらず、私達の比較的身近にある問題にも及ぶそうです。例えば、「同性愛なんて認めないわ」という信念を持つ人が、同性同士で付き合っている人を見ると「あらヤダわ」と感じるかもしれません。辛い。それが、イデオロギーと感情が結びつくということです。愛に性別は関係ないと考える筆者がブログに「辛い。」と記すのも同じことだと思います。

そして、4限で私たち純粋無知な学生を苦悶に陥れた存在がもう一つ。文中に出てきた<記号表現(シニフィアン)><記号内容(シニフィエ)>についてです。どちらもソシュール言語学の用語で、その根底にはソシュールの「あらかじめ世界に存在する個別の事物が言葉を作っているのではなく、言葉によって世界が区切られている」という考え方があります。例えば、虹の色を「七色!」と答える国の人もいれば「二色!」と答える国の人もいる(明るい色・暗い色の区切りだと聞いたことがあります)ことが、その表れですね。

ここでようやく本題。例えば犬という例で考えるとき、

 記号表現(シニフィアン):「イヌ」という言葉

 記号内容(シニフィエ):「イヌ」と意味されるもの・考えられているもの

ということになります。ここで、シニフィエが生きている犬そのものを表すわけではない、というのがポイントです。本書では「象徴主義文学の神秘主義まがいの理論」という記述がありますが、それは記号内容(シニフィエ)が過多になる状態でした。つまり1つの文章に対して10個くらいの意味を連想することですね。深読みしすぎるオタクの考察長文みたいなものでしょうか(※あくまで私個人のイメージです)。その一方で、ロシアのフォルマリストは「文学は物質的事実そのものだ」と主張しました。

そんなこんなで4限をヒーヒー言いながら終えました。今回は初回ということもあり、内藤先生にところどころアドバイスをいただきながら進めましたが、次回からはそんなわけにもいかない気がします。頑張りましょう……!

ところで、今回の発表は2限・4限共に佐藤さんだったのですが、作ってきてくれたパワポがまあ分かりやすいのなんの! なんと作成に10時間も所要したそうです。おお神よ、お恵み感謝いたします……本当に助かりました。次回からはwordでの発表でもよいとのことですが、またいずれPowerPointを駆使する猛者が現れるんじゃないかと震えています。え、言い出しっぺの法則? そんなものは知りません。

お知らせ

最後にお知らせです。秋学期にワークショップの開催が決定しました! やった~~! 横田先生のゼミとコラボさせていただきます。コミュ障人見知り陰キャという三大爆弾を抱えている私、齋藤が渉外を担当します。嘘でしょ……。

長くなってしまったので、文字数が3000字を越えないうちに終わらせたいと思います。こんなグダグダでいいのか……? けれど、当ブログの題名を思い出してみてください。こんなグダ文がいつか文学だと言われる日が来るかもしれません(来ない)。とにかく、ヤバかったら次のブログ担当の人が軌道修正してくれるでしょう、たぶん! それでは、読んでいただきありがとうございました! またどこかで!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中